【中級者/上級者向け】日帰り登山ができる新潟で人気の山5選

今回は日帰り登山ができる中級・上級者向けの新潟の山の紹介です。

中級・上級と言っても危険というよりは歩く距離が長く体力がいる山がメインです。
日帰りできる山に絞っていますので基本的にテントなどの道具は不要です。

角田山弥彦山五頭山あたりに登って初心者から脱却したいかたはぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

山の紹介

粟ヶ岳(あわがたけ)

基本情報

登山時間(往復):7時間程度
難易度:★★★☆☆
標高:1292.7m

粟ヶ岳は登りで3時間半程度。初心者から脱却するには丁度いいレベルの山です。
加茂市にある山で新潟市からも近いのも魅力です。
鎖場があったり、途中に無人避難小屋があったり角田山、弥彦山にはないような本格的な登山の雰囲気が楽しめます。

二王子岳(にのうじだけ)

基本情報

登山時間(往復):7時間程度
難易度:★★★☆☆
標高:1420.3m

新発田市と胎内市にまたがる二王子岳はなんと言っても山頂から見える飯豊連峰が最高です。
登りは3時間半程度。
やや急登が長く続きますが危険な箇所はありません。

守門岳(すもんだけ)

基本情報

登山時間(往復):7時間程度
難易度:★★★★☆
標高:1537.2m

守門岳の登山口は長岡市の中東の端にありますので新潟市から行くと少し遠いですが、日帰りで登山をすることも可能です。
こちらも登りで3時間半程度です。

蒜場山(ひるばやま)

基本情報

登山時間(往復):9時間程度
難易度:★★★★★
標高:1363.0m

蒜場山は標高こそ二王子岳や守門岳に劣りますが、尾根に出てからのアップダウンが激しくかなり体力のいる山です。
加えて写真の通り直角に近い鎖場もあり危険さも伴う山です。
登る際はなるべく単独登山を避けて十分な準備をしていきましょう。

苗場山(なえばさん)

基本情報

登山時間(往復):9時間程度
難易度:★★★★☆
標高:2145.3m

さてここで百名山である苗場山の登場です。
苗場山は新潟市からは高速道路利用で3時間ほどかかるので早朝出発必須です。
登りは4時間程度。百名山だけあって人気の山なので登山道もよく整備されていて歩きやすいです。

まとめ

中級・上級者向けになると歩く距離も長くなり、危険な登山道も増えてきます。
食べる予定がなくてもトラブルで足止めを食らったときの食料は持っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました