【登山用ザック】あなたに必要なサイズ(容量)はこれ!

スポンサーリンク

登山用ザックはどのサイズを選んだらいい?

f:id:niigataclimb:20190412234013p:plain

こんにちは海バラ登山です。

ある程度登山を続けていると自分に必要なサイズというのはわかってきて欲しいサイズというものがでてきます。

しかし「これから登山を始めたい!」という人はどんな大きさのザックを買ったらいいのかわからないと思います。

そこで今回は初めて買う登山用ザックのサイズ(容量)に焦点を当て紹介したいと思います!

ズバリ最初は35L程度がおすすめ!

これから登山を始めようとしている方に私がおすすめするのは35L程度のザックです!

35Lの”L”というのは”リットル”でザックの容量を表します。

一般的にザックの容量の目安は下記のように言われています。

20L以下食料一食程度の日帰り低山登山、ハイキング程度
20〜35L日帰り〜荷物の少ない山小屋1泊登山
35〜60L山小屋1泊〜荷物の少ないテント泊登山
60〜80L荷物の多い(冬季)テント泊登山
80L以上長期縦走登山

 ではなぜ35L程度をおすすめするのかを考えてみましょう。

created by Rinker
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥15,000 (2021/07/31 01:54:46時点 Amazon調べ-詳細)

35L程度のザックをおすすめする理由

私はこれから今後どういう登山をするかわからないけど長く使っていけるザックが欲しいという人に35L程度のザックをおすすめします。

とりあえず最初のザックを買って登山にのめりこめたらその後は自分の欲しい他のザックをまた買うという方は逆にもっと小さいザックでいいかと思います。

また低山用と1泊用で初めから2つ買うという方20L程度と60L程度などの組み合わせでいいかと思います。

・なぜ小さすぎるとはいけないのか

これは簡単ですね、容量が足りなくなるからです。

私の実体験から説明していきたいと思います。

f:id:niigataclimb:20190412231639j:image

 私が最初に買ったのはこの28Lのザックでした。

最初は経験者に連れられて日帰り登山をしていたので十分でしたがだんだんと道具が揃ってくると足りなくなってくるんですね。

レインウェア、防寒具、カップめんなどの食料、水、ガスストーブ(バーナー)、ガスカートリッジ、その他小物(サングラス、手袋など)。

これくらいなら大丈夫です。

1泊2食付の山小屋泊ですとこれにプラスして、翌日用の着替えなどが必要になりますがまだ28Lでまかなえます。

これが布団や食事が付かない無人の山小屋泊ですと、夜と翌日の食事、シュラフ(寝袋)、さらに多くの水が必要になってきます。

こうなってくるともう28Lでは限界です。

なんとかこのザックでシュラフを持っていったことはありますが、完全にザックがパンパンでできれば持って行きたかったものもいくつか断念した状況でした。

また肩のハーネスが大きいザックほど頑丈に作られていないのでパンパンになるまでものを詰め込むと肩に食い込むような感じでかなりきつい登山となりました。

35L程度のザックであればシュラフで1泊登山まで対応できます。

シュラフまで買うつもりがない日帰りオンリーの方でもこの35Lあれば余裕を持って必要なものを持っていけますのでおすすめです!

・ならば大きいほうが良いのでは?

逆にこれ以上大きすぎると低山に向かなくなってきます。

食事をほとんどもつ必要のない日帰り登山や手ぶらでも登れるような低山(でも飲み物、タオル、スマホ、財布をザックに入れたい!なんてとき)ではザックがほぼ空に近くなってしまい、かつぎづらくて見栄えも悪いです。

また高齢の方も多く登るような低山では大きすぎるザックはかなり目立ちます。

実際私が新しいザックを買ったときにフィット感を試すのとトレーニングを兼ねて60L以上のザックで低山に行ったところ「山頂で泊まるの?」など何回か話しかけられました。。。

あとなにより大きいほど値段が高くなります。

28Lだとどれだけのものが入るのか

 あいにくおすすめする35Lのザックを持っていないので28Lのザックにどれだけのものが入るのか検証していきたいと思います。

f:id:niigataclimb:20190412231723j:image

これが左のグリーンの28Lのザックにおおむね収まるものになります。

Tシャツ2枚、シュラフ、レインウェア、水2L、カップめん、調理用鍋(中にガスストーブとガスカートリッジ)、コップです。

シュラフを入れるとやはり一気に容量を圧迫します。

時期によっては山頂は寒いのでダウンコート手袋帽子など。

食料もカップめん1個じゃ足りませんのでその他の食料行動食(軽食)がもっと必要なときもあるでしょう

あとスマホモバイルバッテリーや写真が好きな人はカメラなど。

そうなってくるとシュラフを持っていかないとしてもなかなか厳しくなります。

やはりもう少し大きいものが理想ですね。

 私が持っているザックのラインナップ

f:id:niigataclimb:20190412231732j:image

これが私の持っているザックです。

左から買った順に並べて28L、20L、5L、65+10L(75L)です。

・PAINE 28L

まず初めに買ったのが紹介済みのICI石井スポーツのオリジナルブランドPAINE(パイネ)の28Lのザック。

・mont-bell 20L

そして次に買ったのがmont-bell(モンベル)の20Lのザック。

買った目的としてはより身軽に低山登山をしたいのと低山登山用に妻が使用するためです。

・ノーブランド? 5L

その次にAmazonで買った聞いたことないブランドの5Lのザック。

ザックというよりはランニング用のバッグです。

買った目的は低山登山で下山をランニング(トレイルラン)するため、サブザックとして使用するため。

日常的な往復2時間程度の低山登山ではこれを使用しています。

※サブザック・・・山小屋などにメインのザックを置いてそこから山頂などの短距離で使用するザック

・ミレー 65+10L(75L)

そして最後に一番新しいのがミレーの75Lのザック。

雨蓋を取り外してサブバックとして使用できるため65+10Lとの表記で合計75Lです。

いよいよ28Lのザックでは限界を感じたことといつかのテント泊のために購入しました。

やはり35Lは欲しかった

これらを見て考えるとやはり28Lのザックがもう少し大きければと思います。

そうすればもっと余裕を持った道具で登山ができたし、75Lのザックを買うのもじっくりと必要なときを待ってから購入できただろうなと思います。

おすすめのザックブランド

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)

特に若い人に人気があるのがノースフェイスです。

created by Rinker
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥15,000 (2021/07/31 01:54:46時点 Amazon調べ-詳細)

Millet(ミレー)

ミレーは創業100年にもなるフランスのメーカーです。
ザックを中心に製造をしています。

GREGORY(グレゴリー)

グレゴリーはアメリカのカリフォルニアにあるバックパック製造メーカーです。

created by Rinker
GREGORY(グレゴリー)
¥17,800 (2021/07/31 01:54:52時点 Amazon調べ-詳細)

mont-bell(モンベル)

モンベルは日本初のアウトドアメーカーです。
日本国内に多数の直営店があり、比較的安価ですが品質は良いです。

created by Rinker
Mont-bell(モンベル)
¥24,800 (2021/07/31 14:47:36時点 Amazon調べ-詳細)

Osprey(オスプレー)

オスプレーはアメリカのバックパックメーカーです。
個人的には玄人好みのクールなイメージです。

ARC’TERYX(アークテリクス)

少し高級なアウトドアブランドがアークテリクスです。
デザインも洗練されており登山をしない人にも人気があります。

created by Rinker
ARC'TERYX(アークテリクス)
¥27,500 (2021/07/31 01:54:49時点 Amazon調べ-詳細)

Karrimor(カリマー)

カリマーはイギリス初のアウトドアブランドです。

created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥18,920 (2021/07/31 01:54:50時点 Amazon調べ-詳細)

deuter(ドイター)

ドイターはドイツのメーカーです。
背面の通気性が売りで背中に密着しないザックを開発した初のメーカーでもあります。

created by Rinker
deuter(ドイター)
¥21,450 (2021/07/31 01:54:53時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

繰り返しになりますが

今後泊まるとかそういうのも何もわからない、でも登山をやっていきたい、長く使っていけるザックが欲しい

→35L程度

とりあえず低い山を登ってみて続けられるか考えたい、必要になったらもっと大きいザックを買う

→20~30L

初めから低山用と1泊用で2つ買う、金銭的余裕がある

→20L程度と50L以上

と言ったところです。


今回は登山用ザックのサイズに焦点を当ててみました。

ザック購入の際には他にフィット感デザイン、またブランドによる価格の違いもありますので、お店に行って店員さんにいろいろ聞いてみましょう!

コメント