【安物登山】なるべくお金をかけずに登山道具を揃えよう!|新潟の山らて

登山用品って何かとお金がかかります。。。
そこでなるべくお金がかからない登山用品をピックアップしてみました!

スポンサーリンク

注意点

ただひとつ注意ですが、

生命にかかわる装備だけはケチらないでください。

特に登山靴、レインウェアなどですね。

あと雪山登山をガチるような人はしっかりと装備にお金をかけましょう。

登山用品紹介

トレッキングソックス

登山用の靴下はちゃんとしたメーカーのものだと一足1500円くらいするのが普通です。
最初は私もそういったものを使用しましたが、登山において靴下というのはどうしても消耗品になってしまい金銭的にキツイのでAmazonで安いものを購入してみました。

これが実際私が購入した靴下ですが価格は概ね1/3ですが、使ってみた感じメーカー品と遜色ありません。
もう数年これを使っています。むしろメーカー品より長持ちしてる気がします。

ただ真冬の厳しい登山をするような人はちゃんと真冬にも対応できる靴下を使用しましょう。
季節によって四肢の冷えは生死に関わります。

トレッキングポール

トレッキングポールは2本セットのものだと1万円程度することが多いです。

私が使用しているのはこのメーカーのもので3000円程度です。
私はそれほどトレッキングポールを使う派ではないですが、このメーカーのものでもう5年以上普通に使用できています。

トレッキングタイツ

やっぱり下半身は男性も女性もタイツにショートパンツorスカートがオシャレですよね。
そのタイツもちゃんとしたの買うと1万円くらいしますが、安いものもあります。

私もこのような2000円もしないようなものを使用していますが今のところ問題なく使用できています。

ショートパンツ/スカート

ショートパンツやスカートもちゃんとしたメーカー品だと下手すりゃ1万円近くします。

私は前に売っていた2000円程度のg.uのショートパンツを使用しています。(たぶんもう売っていない)
今のところ快適です。

サングラス

サングラスは残雪があるようなときは必需品となるのでぜひ持っていきたいところです。
ですがサングラスもショーケースに並べられているのをみ見るととんでもない値段がしますがね。
私は2000円くらいのものを使用しています。

眩しくなければそれでいいし、ちょっとくらい傷ついても気にならないのでおすすめです。
あとサングラスのケースは100均のメガネケースがおすすめです。

ヘッドライト

ヘッドライトは日帰り登山でも必需品と言えるので注意が必要ですが私はこれを使用しています。

今のところ問題はありませんが、山行が長くなるようなときは私は2つ持って行っています。
暗い中ライトが故障したら死活問題ですからね。
信頼できるメーカーのものをひとつ持つよりむしろ安物2つのほうが良いかなとか思ってたりします。

アウトドアチェア

アウトドアチェアは持っていると山頂でランチするときなどは快適度合いが違いますのでぜひ持っていきたいところです。

Amazonでは1000円ちょっとで売っていますが、実はアウトドアチェアに関しては100均がおすすめです。
100円で安物なので軽い。素晴らしいです。

飲料水

飲料水は結局はペットボトルが最適だと思っています。

created by Rinker
I LOHAS(い・ろ・は・す)
¥1,847 (2021/09/28 13:32:57時点 Amazon調べ-詳細)

なかでも「いろはす」「サントリーの天然水」
私はこの二択だと思っています。
なぜならソフトボトルで手で潰せるから
潰して容量を小さくできるというのは登山においては最強です。

コツは蓋を緩めた状態で縦方向に潰してから蓋を締めます。
そうすると真空状態のようになって再度ペットボトルが膨張することはありません。

箱買いして凍らせたものを持っていくのがおすすめです。

バーナー/ストーブ

バーナーは普通に買うと5000円以上はするものですがAmazonでは異常に安いものが売ってたりします。

SUPEEC シングルバーナー 一体型 キャンプバーナー ガスバーナー コンパクト 3000W 圧電点火式 高発熱量 OD缶対応 火力調節 キャンプ コンロ 登山用 BBQ 防風 軽量 収納ケース付き 折りたたみ式 日本語説明書付き
SUPEEC

ちょうど私が使っているのがこれです。
もう5年以上使用していますが問題なしです。
バーナー類はトラブルが起きやすいイメージなので最悪火がつかなくても食べられるものを持っていくと良いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は安く買えるものをまとめてみましたが状況によっては安物だと命に関わることもありますので、しっかりと必要なものを判断していきましょう。

コメント