弥彦山(八枚沢妻戸尾根コース)【登山コース徹底解説】マップあり!|新潟の山らて

弥彦山 八枚沢コース|YAHIKOYAMA HACHIMAIZAWA


花が咲く時期には多くの登山者で賑わう八枚沢登山口からの妻戸尾根コース。

前半は急登の階段が続き後半は緩やか。
終盤では裏参道コースと合流する。

スポンサーリンク

弥彦山(八枚沢妻戸尾根コース)はこんな山

  • 登山者多くて安心
  • 初心者向け
  • 登山往復2〜3時間くらい
  • 九合目に売店、レストラン、お土産物屋もあり
  • 新潟市から近い
  • 山頂広い
  • 駐車スペース10台ほど
  • 周辺は観光地なので楽しみいっぱい

弥彦山(八枚沢妻戸尾根コース)の詳細

  • 所在 新潟県西蒲原郡弥彦村
  • 標高 634m
  • 難易度 ★★☆☆☆
  • 見晴し ★★★☆☆
  • 駐車場 あり
  • トイレ なし
  • 山小屋 なし
  • 登山口住所 新潟県新潟市西蒲区弥彦村
  • コースタイム 登り/85分 下り/70分

登山口地図

トレッキングマップ

山行記録

登山口まで

IMG_9529_R.jpg

県道2号線からスカイライン入口の標識がある信号から561号線に入って行く。冬季には写真のように閉鎖の案内があるが車一台通れるスペースがあり、その道を一度右に曲がるとその先に登山口はある。(冬季はその更に先でゲートで完全に閉鎖されている)

八枚沢登山口

IMG_9533_R.jpg

この道が途切れているところに登山口はある。駐車スペースはあまり多くなく、ここに停められない車は路肩に駐車して少し歩くことになる。

IMG_9534_R.jpg
IMG_9537_R.jpg

滝が流れている印象的な登山口。

IMG_9545_R.jpg
IMG_9547_R.jpg

最初の30分ほどは急登が続く。

IMG_9551_R.jpg
IMG_9559_R.jpg

後ろを振り返り海が見えてくるときつい急登はほぼ終わり。

IMG_9558_R.jpg

花も咲いている3月下旬。

IMG_9560_R.jpg

後半は緩やかで歩きやすく気持ちがいい。

IMG_9563_R.jpg

海岸線の先に見えているのはおそらく米山や黒姫山。まだ雪を被っていて美しい。

IMG_9567_R.jpg
IMG_9571_R.jpg

もう少しで裏参道コースと合流。

裏参道コースと合流

IMG_9575_R.jpg
IMG_9576_R.jpg

ここで裏参道コースと合流。

IMG_9578_R.jpg
IMG_9579_R.jpg

鉄塔を過ぎるとすぐに頂上。

弥彦山頂

IMG_9587_R.jpg
IMG_9591_R.jpg

山頂に到着。

写真撮影日:2016.3.27


周辺の観光・グルメ・温泉

おもてなし広場

弥彦観光協会Webサイト内おもてなし広場

弥彦観光協会Webサイトより

直売所、足湯、フードコートなどが集まった施設です。
登山口としては表参道登山口が最も近いです。
となりには弥彦公園があります。

さくらの湯

さくらの湯 公式サイト

さくらの湯公式サイトより

表参道登山口から車で10分行くとある日帰り温泉施設です。
岩盤浴も楽しめます。

パンダ焼き

弥彦観光協会Webサイト内 分水堂菓子舗

弥彦観光協会Webサイトより

弥彦で有名な分水堂菓子舗さんのパンダ焼きです。
もちもちとして生地が特徴で中身はあんこやクリーム、ずんだなどいろいろなものがあります。
おもてなし広場、弥彦公園のすぐ近くにあります。

カレー豆

弥彦観光協会Webサイト内 成沢商店

弥彦観光協会Webサイトより

実は弥彦ではカレー豆が有名です。
クセになる味です。

ジェラテリア・レガーロ

ジェラテリア・レガーロ 公式サイト

ジェラテリア・レガーロ公式サイトより

岩室温泉の方まで足を伸ばすとジェラート屋さんがあります。
登山後の甘いものは最高ですね。

寺泊市場

寺泊観光協会 魚の市場通り

魚のアメ横と呼ばれる魚の市場通りです。
新鮮な魚はもちろん、浜焼きも売ってます。
新鮮な海鮮が食べられるレストランも多数あります。

登山便利グッズ

スノーピークの保温性の高いダブルウォールマグです。

この靴下は安いですが品質良好。私も長く愛用しています。

ヘッドランプは昼間の登山でも必需品です。持っていくようにしましょう。

やはり椅子があると便利です。

軽量のモバイルバッテリーは緊急時にも役立ちます。

愛用しているISUKAのボトルホルダー。肩につけられるのが最高!

コメント

タイトルとURLをコピーしました