角田山(灯台コース)【登山コース徹底解説】|新潟の山らて

角田山で最も眺めがよく最もきついと言われるコース。

海抜0mからスタートすることに加え前半はアップダウンを繰り返すためなかなか高さを稼げない。
途中岩場もあるもののそう歩き難くはないです。

慣れた人は60分以内で登ることも可能だが、そうでない人は頂上まで休憩含め90分~120分ほどを見ておいたほうがいいでしょう。

日本海を一望できるためとても眺めは良いです。

スポンサーリンク

角田山(灯台コース)はこんな山

  • 登山往復2時間くらい
  • 初心者向け
  • 体力的に最もきついコース
  • 展望は素晴らしい
  • 海側から登る
  • 小浜コースと周回可能
  • 山頂広い
  • 山頂付近にトイレあり(汚いらしい)
  • 駐車場あり

角田山(灯台コース)の詳細

  • 所在 新潟市西蒲区
  • 標高 481.7m
  • 難易度 ★★★
  • 見晴し ★★★
  • 駐車場 あり
  • トイレ あり(海水浴場駐車場内)
  • 山小屋 なし
  • 登山口住所 新潟市西蒲区角田浜
  • コースタイム 登り/90分(1時間30分) 下り/60分(1時間)

登山口地図

山行記録

角田浜駐車場

DSC04878_R.jpg
DSC04879_R.jpg

角田浜海水浴場駐車場に車を停める。まずは灯台を目指して進みます。右の写真の階段へ。

DSC04882_R.jpg

灯台

DSC04883_R.jpg

灯台までの風景。急な階段に見えますがすぐに灯台に着きます。

DSC04889_R.jpg

灯台を過ぎると岩場が続きます。歩きにくですが危険な道ではありません。

DSC04890_R.jpg

途中でシーサイドラインに下りられる階段。この先を10分ほど歩くと小浜コースへ行けます。

DSC04891_R.jpg
DSC04898_R.jpg

アップダウンのある尾根を進みます。

DSC04896_R.jpg

歩き始めて15分。灯台はあんなに遠くに。

DSC04900_R.jpg
DSC04901_R.jpg

右手に見てるのが小浜コース。

DSC04904_R.jpg

岩場

DSC04908_R.jpg

なおも岩場は続く。この登ったり下ったりがこのコースのきついところ。

DSC04911_R.jpg

1時間ほど歩くと道は傾らかに。ここからは楽な道が続く。

小浜コースとの分岐

DSC04913_R.jpg

右から小浜コースが合流。行きはよいが帰りは間違って小浜コースに降りないように気を付けよう。頂上を背にして左が小浜コース、右が灯台コース。

角田山頂

DSC04925_R.jpg
DSC04926_R.jpg
DSC04928_R.jpg
DSC04929_R.jpg

頂上に到着。頂上はとても広く整備されています。休日の晴れた日のお昼どきともなると団体客やらで大変賑わいます。

写真撮影日:2013.5.14

周辺の観光・グルメ・温泉

福寿温泉じょんのび館

福寿温泉じょんのび館 公式サイト

福寿温泉じょんのび館 公式サイトより

角田山福井ほたるの里コースの近くにある日帰り温泉施設です。
お風呂は奇数日と偶数日で男女が入れ替わります。

カーブドッチワイナリー

カーブドッチワイナリー 公式サイト

カーブドッチワイナリー 公式サイトより

角田山の麓にあるワイナリーです。
ワインの販売はもちろんレストラン(ちょっとお高め)、ベーカリーなどもあります。
日帰り温泉もあります。(未就学児利用不可なので注意)

ラーメンこまどり

ラーメンこまどり 公式サイト

ラーメンこまどり 公式サイトより

味噌ラーメンが人気のラーメン店です。
新潟4大ラーメンのひとつである濃厚味噌ラーメンの代表的なお店なので県外の方には特に食べていただきたいですね。
このお店は餃子も人気です。

ラ・パティスリープレジール

ラ・パティスリープレジール 公式サイト

ラ・パティスリープレジール 公式サイトより

西蒲区巻にあるケーキ屋さんです。
おすすめ商品は特にないです。どれを食べてもおいしいので。
パンや焼き菓子なども売っています。

上堰潟公園

にいがた観光ナビ 上堰潟公園

にいがた観光ナビ 公式サイトより

角田山の麓にある公園です。
季節によって菜の花、桜、コスモスなどが一面に広がります。
バーベキュー施設、遊具など子供にも人気です。

Taibow! coffee&gelato soft

Taibow! coffee&gelato soft 公式facebookサイト

上堰潟公園近くにあるカフェとスイーツのお店です。
上堰潟の開放的な雰囲気とマッチして最高です。

登山便利グッズ

ヘッドランプは昼間の登山でも必需品です。持っていくようにしましょう。

この靴下は安いですが品質良好。私も長く愛用しています。

やはり椅子があると便利です。

コメント