国上山(くがみやま)313.2m【登山コース徹底解説】|新潟の山らて

弥彦山、角田山と並ぶ蒲原平野西側の山。
三山を縦走することもできる。

標高は300m程度と低く山頂からもあまり遠くを見渡せず眺めもイマイチ。

古い本では蛇崩からな眺めが良いと書いてあったが実際には木が視界を遮りあまりよく見えなかった。

登山道はよく整備され木漏れ日が気持ちがいい。

登山口近くには国上寺というお寺がある。

山は「くがみやま」だがお寺は「こくじょうじ」と読む。

スポンサーリンク

国上山はこんな山

  • 登山周回1時間くらい
  • 初心者向け
  • ファミリー・子連れ向け
  • 展望はいまいち
  • 山頂狭め
  • 駐車場あり

国上山の詳細

  • 所在 分水町
  • 標高 313.2m
  • 難易度 ★☆☆☆☆
  • 見晴し ★☆☆☆☆
  • 駐車場 あり
  • トイレ あり
  • 山小屋 なし
  • 登山口住所 新潟県燕市国上

ビジターセンター駐車場 -2分→ 国上寺(登山口) -20分→ 山頂 -10分→ 蛇崩 -30分→ ビジターセンター駐車場

登山ルート

国上山
カシ国上山_R

登山口地図

山行記録

良寛の里ビジターセンター駐車場

DSC04811_R.jpg
DSC04877_R.jpg

ビジターセンターの駐車場。とても広く、ちょっとした軽食も売っているようだ。この日は定休日だった。

DSC04812_R.jpg
DSC04813_R.jpg

まずは国上寺を目指しこの車両進入禁止の先に進む。

国上寺の登山口

DSC04821_R.jpg
DSC04822_R.jpg

歩いて2分ほどで国上寺。すぐ真横に登山口がある。

DSC04824_R.jpg

木漏れ日の中なだらかな階段を進む。

五合目あか谷みはらし

DSC04830_R.jpg
DSC04831_R.jpg

五合目にある「あか谷みはらし」。ベンチもある。

展望台

DSC04832_R.jpg
DSC04834_R.jpg

看板にしたがって展望台の方へ50mほど逸れると少し見晴らしのいいところがあるがそれほどでもない。また看板のところまで戻って頂上を目指す。

国上山頂

DSC04835_R.jpg
DSC04836_R.jpg

20分強で頂上に到着あまり景色はよくない。そのまま奥へ。蛇崩の方から下山する。

DSC04843_R.jpg
DSC04844_R.jpg

左に進むと弥彦山から角田山へ繋がる縦走路だ。

蛇崩(じゃくずれ)

DSC04849_R.jpg
DSC04851_R.jpg

ここが蛇崩。足元が岩場になっている。

休憩ベンチ

DSC04854_R.jpg
DSC04860_R.jpg

途中で咲いていた花と休憩ベンチ。

弥彦村麓登山口との分岐

DSC04861_R.jpg

途中の分岐。右に行くと道の駅久賀美の方へ出られる。ビジターセンター駐車上に戻るには右へ。

トンネル

DSC04868_R.jpg

ここから先はこのようなトンネルが3つあります。

DSC04874_R.jpg

この先が駐車場。頂上から約30分。

写真撮影日:2013.5.14

周辺の観光・グルメ・温泉

おもてなし広場

弥彦観光協会Webサイト内おもてなし広場

弥彦観光協会Webサイトより

直売所、足湯、フードコートなどが集まった施設です。
登山口としては表参道登山口が最も近いです。
となりには弥彦公園があります。

さくらの湯

さくらの湯 公式サイト

さくらの湯公式サイトより

表参道登山口から車で10分行くとある日帰り温泉施設です。
岩盤浴も楽しめます。

パンダ焼き

弥彦観光協会Webサイト内 分水堂菓子舗

弥彦観光協会Webサイトより

弥彦で有名な分水堂菓子舗さんのパンダ焼きです。
もちもちとして生地が特徴で中身はあんこやクリーム、ずんだなどいろいろなものがあります。
おもてなし広場、弥彦公園のすぐ近くにあります。

カレー豆

弥彦観光協会Webサイト内 成沢商店

弥彦観光協会Webサイトより

実は弥彦ではカレー豆が有名です。
クセになる味です。

ジェラテリア・レガーロ

ジェラテリア・レガーロ 公式サイト

ジェラテリア・レガーロ公式サイトより

岩室温泉の方まで足を伸ばすとジェラート屋さんがあります。
登山後の甘いものは最高ですね。

寺泊市場

寺泊観光協会 魚の市場通り

魚のアメ横と呼ばれる魚の市場通りです。
新鮮な魚はもちろん、浜焼きも売ってます。
新鮮な海鮮が食べられるレストランも多数あります。


登山便利グッズ

スノーピークの保温性の高いダブルウォールマグです。

この靴下は安いですが品質良好。私も長く愛用しています。

ヘッドランプは昼間の登山でも必需品です。持っていくようにしましょう。

やはり椅子があると便利です。

軽量のモバイルバッテリーは緊急時にも役立ちます。

愛用しているISUKAのボトルホルダー。肩につけられるのが最高!

コメント

タイトルとURLをコピーしました