平標山【登山コース徹底解説】|新潟の山らて

平標山|TAIRAPPYOUYAMA

谷川連峰西端に位置する平標山(たいらっびょうやま)。

山頂付近は緑豊かで紅葉も美しいです。

谷川岳からの縦走もできます。

元橋駐車場からの登山コースは二つあります。
松手山側からの登りは急登ではあるが美しい山頂の緑を目の前にして登ることができます。
平標山の家側からのコースの方が傾らかであるが平標山の家までの眺めはそれほど良くありません。
景色を楽しみたい人は松手山コース、体力に自信のない人は平標山の家側から登るのがおすすめ。

今回は平標山の家側から登り松手山側から下ります。

スポンサーリンク

平標山の詳細

  • 所在 湯沢町、みなかみ町(群馬県)
  • 標高 1983.7m
  • 難易度 ★★★☆☆
  • 見晴し ★★★★☆
  • 駐車場 あり
  • トイレ あり(駐車場、平標山の家)
  • 山小屋 あり
  • 水場 あり(平標山の家)
  • 登山口住所 南魚沼郡湯沢町三国
  • コースタイム 登り/150分(2時間30分) 下り/130分(2時間10分)

元橋駐車場 -50分→ 平元新道登山口 -60分→ 平標山の家 -40分→ 平標山山頂 -55分→ 松手山 -25分→ 鉄塔 -50分→ 元橋駐車場

平標山
平標山バード

登山口地図

山行記録

DSC05837_R.jpg
DSC05839_R.jpg

元橋駐車場。車は30台以上停められるが時季によっては満車になることもあるので注意。駐車料金が500円かかる。トイレも駐車場にあり。

DSC05841_R.jpg

現在地は右端。今回は上側の平元新道から登り松手山を経由して下る。

DSC05843_R.jpg

駐車場にある登山口この先を進む。

DSC05903_R.jpg
DSC05844_R.jpg

数分歩くと道路にぶつかる。看板のとおり道路に沿って左側が松手山からのコース。正面の林道に入っていくのが平元新道のコース。

DSC05848_R.jpg

平らな道をしばらく歩く。

DSC05849_R.jpg
DSC05851_R.jpg

10分ほど歩くとまた道路にぶつかる。こちらも看板に従い左側の進む。

DSC05852_R.jpg
DSC05856_R.jpg

ここからさらに林道が歩き車進入禁止のゲートを越え奥に進む。

DSC05859_R.jpg
DSC05861_R.jpg

50分ほどで平元新道の登山口に到着。ここからようやく本格的な登りが始まる。

DSC05867_R.jpg
DSC05868_R.jpg

中レベル程度の登りが続く。

DSC05870_R.jpg
DSC05871_R.jpg

1時間ほどで平標山の家に到着。トイレと水場、中に入って休憩もできる。

DSC05874_R.jpg
DSC05876_R.jpg

平標山の家からは緩やかな木道の多い道となる。おそらく眺めもいいかと思うがこの日はガスがかかっていた。

DSC05879_R.jpg
DSC05881_R.jpg

40分ほどで山頂に到着。まあまあ広い。天気が良ければ眺めもいいだろう。

DSC05885_R.jpg
DSC05886_R.jpg

山頂から松手山に向かう急な道。

DSC05887_R.jpg
DSC05889_R.jpg

ガスが晴れて眺めが良くなってきた。やや紅葉し始めていて綺麗。9月下旬。

DSC05890_R.jpg

松手山に到着。特に広くなく、何もない。

DSC05893_R.jpg
DSC05894_R.jpg

鉄塔やスキー場が見えてくる。

DSC05897_R.jpg

鉄塔に到着。ここから先が急な道となる。

DSC05898_R.jpg
DSC05900_R.jpg

急な下りが続き道路と合流。左側に進む。

DSC05901_R.jpg

道路を数分進むと最初に合流した道があるので右に進むとすぐに駐車場。

写真撮影日 2013.9.23


登山口近くのオススメ温泉

岩の湯

小さな日帰り入浴施設。安い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました