多宝山/弥彦山(間瀬コース)【登山コース徹底解説】マップあり!|新潟の山らて

弥彦山の間瀬海岸から登るコースを紹介します。

スポンサーリンク

多宝山/弥彦山(間瀬コース)はこんな山

  • 登山者少なめ
  • 道は比較的広く初心者にも歩きやすい
  • 登山往復2〜3時間くらい
  • 新潟市から近い
  • 駐車場広い

多宝山/弥彦山(間瀬コース)の詳細

  • 所在 新潟県西蒲原郡弥彦村
  • 標高 634m
  • 難易度 ★☆☆☆☆
  • 見晴し ★★☆☆☆
  • 駐車場 あり(間瀬こめぐりシーサイドパーク)
  • トイレ あり(駐車場)
  • 山小屋 なし
  • 住所 新潟県新潟市西蒲区間瀬
  • コースタイム 登り/120分 下り/100分

アクセス

駐車場

駐車場は間瀬こめぐりシーサイドパークの駐車場を利用させていただきました。

登山口

トレッキングマップ

ヤマレコルート

山行記録

駐車場

駐車場は間瀬こめぐりシーサイドパークという公園の駐車場を利用させていただきました。

公園内にはトイレもあります。

登山口へ

実はこれと行った登山口はないのですが間瀬コースを登るには上記マップの場所を目指します。

大通りからこのカフェグランさんの横の道を奥に入っていくと分かりやすいです。

そして民家横のこの坂を登っていく。

長い林道となります。ここからはこのまま舗装されていない道となります。

直線の林道の横に突如ビーナスが現れます。

登山道

何ヵ所か石が積まれたものがあります。
登山道などの道標として置かれるものでケルンと言います。

道幅は結構広いので歩きやすいです。

春には結構花も咲きます。

スカイライン横を歩く

途中からスカイライン横を歩きます。

こんな感じでスカイライン横を歩きます。
オレンジが歩くコースです。

スカイラインを横断

ここでスカイラインを横断します。

横断後の道もわかりやすいです。

トイレじゃありません。
何かの機械でした。

天神山コースと合流

終盤で天神山コースと合流します。

山頂手前も道が広くて歩きやすい。

木のトンネル。

多宝山山頂

多宝山の山頂に到着。

写真撮影日:2022.4.7


周辺の観光・グルメ・温泉

おもてなし広場

弥彦観光協会Webサイト内おもてなし広場

弥彦観光協会Webサイトより

直売所、足湯、フードコートなどが集まった施設です。
登山口としては表参道登山口が最も近いです。
となりには弥彦公園があります。

さくらの湯

さくらの湯 公式サイト

さくらの湯公式サイトより

表参道登山口から車で10分行くとある日帰り温泉施設です。
岩盤浴も楽しめます。

パンダ焼き

弥彦観光協会Webサイト内 分水堂菓子舗

弥彦観光協会Webサイトより

弥彦で有名な分水堂菓子舗さんのパンダ焼きです。
もちもちとして生地が特徴で中身はあんこやクリーム、ずんだなどいろいろなものがあります。
おもてなし広場、弥彦公園のすぐ近くにあります。

カレー豆

弥彦観光協会Webサイト内 成沢商店

弥彦観光協会Webサイトより

実は弥彦ではカレー豆が有名です。
クセになる味です。

ジェラテリア・レガーロ

ジェラテリア・レガーロ 公式サイト

ジェラテリア・レガーロ公式サイトより

岩室温泉の方まで足を伸ばすとジェラート屋さんがあります。
登山後の甘いものは最高ですね。

寺泊市場

寺泊観光協会 魚の市場通り

魚のアメ横と呼ばれる魚の市場通りです。
新鮮な魚はもちろん、浜焼きも売ってます。
新鮮な海鮮が食べられるレストランも多数あります。

登山便利グッズ

ヘッドランプは昼間の登山でも必需品です。持っていくようにしましょう。

この靴下は安いですが品質良好。私も長く愛用しています。

やはり椅子があると便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました