雷山/かやの木山(いかづちやま/かやのきやま)377m/380m【登山コース徹底解説】|新潟の山らて

スポンサーリンク

五泉市にある雷山の紹介です。
とても登りやすい山ながらなぜか下記書籍からは載ってないため私も最近までは知りませんでした。

今回は中央コースから雷山、その先にあるかやの木山まで行って北尾根コースから下山しました。

スポンサーリンク

雷山はこんな山

  • 往復2時間以内
  • 初心者向け
  • 登山道の整備良好
  • 子供にもおすすめ
  • 景色なかなか良い
  • 山頂広々
  • 山頂トイレなし
  • 山頂に山小屋あり
  • 駐車場狭め

雷山の基本情報

  • 所在 新潟県五泉市
  • 標高 377m
  • 難易度 ★☆☆☆☆
  • 見晴し ★★★☆☆
  • 駐車場 あり
  • トイレ なし
  • 山小屋 あり(山頂)
  • 登山口住所  新潟県五泉市川内
  • 標準コースタイム(雷山山頂まで) 登り/下り 60分/55分 (私のコースタイム 35分/30分)
    ※登りは中央コース、下りは尾根コースのタイムです。

登山口地図

雷山の登山口へはこの永谷寺へ向かいます。
永谷寺からさらに林道を奥へ進むと登山口の駐車場があります。

ヤマレコルート

山行記録

登山口駐車場への道

永谷寺を目指して登山口へ向かいましょう。
ここ永谷寺の駐車場。看板の通りここに停めてはダメです。
この先の林道を進むと登山者用の駐車場があります。

この林道を車でさらに奥へ。

登山者用駐車場

登山者用の駐車場に到着。
10台くらい停められそうです。

ここから登山開始。

分岐

数分歩くと分岐があります。
北尾根コースと中央コースへ分かれます。
周回できるのでどちらでも大丈夫です。
個人的には尾根を歩く見晴のいい北尾根コースが好きです。

中央コース

この日は中央コースから登ります。
この場所は沢コースというコースに行ける分岐ですが中央コースへ向かいます。

ここが中央コースの入口。

中央コースは初めはジグザグの急登が続きます。

こまめに看板がある整備された登山道。

ピンクテープもたくさんあり親切です。

各所に熊避け用の音を鳴らすやつがあります。

ちょっとした分岐。
すぐに合流するのでどちらでもOK。

見晴し台

見晴し台にあるベンチ。

ここから見えるのは不動堂山五頭山

頑固な松

頑固な松。
詳細は知りません。

山頂前には急登も。

山頂まであと少し。

看板が親切すぎる。

カタクリ平

カタクリ平。

4月上旬のこの日はたくさん咲いていました。

雷山山頂

山頂に到着。

五頭山や不動堂山が見えます。

山頂小屋

中央コースから登ってくると分かりづらいですが、北尾根コースの方を覗き込んでみると小屋があります。

小屋はしっかりと管理されています。

ここからかやの木山へ向かいます。

明らかなアップダウンがありやる気を削がれます。

かやの木山山頂

かやの木山の山頂に到着。先着がいました。

祠みたいなものがあります。
山頂はあまり広くないですね。

雷山へ戻る

雷山へ戻ります。
またここを歩くのか。。。

雷山から北尾根コースで下山開始

北尾根コースは陽が当たっていい感じです。

やっぱり尾根は気持ちがいい。

カタクリがたくさん。4月上旬です。

北尾根コースは中央コースよりは少し遠回り。
雷山から約1時間で下山できました。

写真撮影日 2021.4.5

感想

新潟100名山などの本に載っていないこともあり意外と知られていない(?)雷山。

登山道もしっかり整備されていてトレーニングや初心者の入門登山として最適な山でした。

周辺の観光・グルメ・温泉

五頭周辺には立ち寄りたくなるスポットがたくさんあります。

また五頭山周辺は五頭温泉郷という温泉地でもあります。
格安の共同浴場が多く便利ですが、シャンプー類やドライヤーがなかったり脱衣所や浴槽も狭いところが多いので家族連れや仲間内で行くときは村杉温泉長生館の日帰り入浴や安田温泉やすらぎ宝珠温泉あかまつ荘あたりを利用するのがおすすめです。

五頭温泉郷

五頭温泉郷とは村杉温泉、出湯温泉、今板温泉の総称を言います。
それぞれ紹介していきましょう。

村杉温泉

村杉温泉薬師の湯

村杉温泉薬師の湯 公式サイト

五頭温泉郷HPより

村杉温泉にある共同浴場です。
小さな施設で脱衣所と浴場しかありません。
シャンプー類、タオルなどは持参するか購入になります。
ドライヤーはあります。

川上とうふ

川上とうふ 公式サイト

村杉温泉にあるとうふ屋さんです。
店内で豆腐の販売や試食をやっています。

出湯温泉

出湯温泉共同浴場

五頭温泉郷サイト内 出湯温泉共同浴場

五頭温泉郷HPより

出湯温泉にある共同浴場。
小さな施設で脱衣所と浴場しかありません。
とても安いですが、シャンプー類、タオルなどがありませんので自分で準備が必要です。
あとドライヤーがないようですので女性は特に注意です。

華報寺共同浴場

五頭温泉郷サイト内 華報寺共同浴場

五頭温泉郷HPより

出湯温泉にある共同浴場。
条件は出湯温泉共同浴場と同じでシャンプーやドライヤーなどがありません。

出湯温泉パン工房

出湯温泉パン工房

出湯温泉パン工房 公式サイトより

五頭温泉郷に来たのなら出湯温泉パン工房は外せません。
すべてのパンに天然酵母と出湯の温泉水を使用した特徴的なパンです。
写真は五頭あんぱん。5つの峰をイメージしたパンです。

今板温泉

今板温泉 湯本館

今板温泉 湯本館 公式サイト

今板温泉 湯本館 公式サイトより

今板温泉はほか2つの温泉地に加え小規模です。
この湯本館は温泉旅館で日帰り入浴も可能とのことですが混雑時は対応できないこともあるようです。

安田温泉やすらぎ

安田温泉やすらぎ 公式サイト

安田温泉やすらぎ 公式サイトより

安田温泉にある温泉施設です。
日帰り入浴も可能で岩盤浴などもあります。

宝珠温泉保養センターあかまつ荘

にいがた観光ナビ 宝珠温泉保養センターあかまつ荘

にいがた観光ナビより

宝珠山登山口の近くにある温泉施設です。

五頭山麓うららの森

にいがた観光ナビ 五頭山麓うららの森

にいがた観光ナビ 公式サイトより

村杉温泉近くにある施設で五頭周辺観光を扱う情報館や野菜などの直売所、体験学習館などがあります。

G.H.エリカーノ

G.H.エリカーノ

創業40年になるお菓子屋さんです。
創業40年と言っても一度リニューアルしているらしく店内はとてもオシャレできれいです。
おまんじゅうなどの和菓子も売っています。

五頭の山茂登

五頭の山茂登 公式サイト

五頭の山茂登 公式サイトより

その名の通り五頭の麓にある釜飯屋さんです。
海の幸や山の幸などいろいろな釜飯があります。

Y&Y GARDEN(ワイワイガーデン)

Y&Y GARDEN(ワイワイガーデン)公式サイト

ヤスダヨーグルト 公式サイトより

ヤスダヨーグルトの工場隣りにあるヤスダヨーグルトのヨーグルト、アイス、スイーツなどが揃ったショップです。

サントピアワールド

サントピアワールド 公式サイト

サントピアワールド 公式サイトより

新潟県を代表する老舗遊園地です。

参考書籍

今回の登山においてはこの書籍を参考にしました。

登山便利グッズ

スノーピークの保温性の高いダブルウォールマグです。

この靴下は安いですが品質良好。私も長く愛用しています。

ヘッドランプは昼間の登山でも必需品です。持っていくようにしましょう。

やはり椅子があると便利です。

軽量のモバイルバッテリーは緊急時にも役立ちます。

愛用しているISUKAのボトルホルダー。肩につけられるのが最高!

コメント

タイトルとURLをコピーしました