【マップあり】五頭連峰の登山コースを徹底解説!難易度、所要時間も!

今回は新潟県内でも登山者数の多い五頭連峰を紹介します。
五頭連峰は登山ルートも豊富で新潟平野を一望できるなど初心者にもおすすめできる山です。

スポンサーリンク

五頭連峰はどんな山?

五頭連峰とは阿賀野市と阿賀町にまたがる山域で松平山(953.9m)五頭山(912.5m)菱ヶ岳(973.5m)大蛇山(802.1m)宝珠山(559.1m)の総称です。

登山コースも多くあり老若男女楽しめる山域です。

また周辺には温泉地やキャンプ場など自然を満喫できるエリアでもあります。

松平山(まつだいらやま)

松平山は五頭連峰の北側に位置する山です。

2018年に親子の遭難死亡事故のあった山でもあり、魚止めの滝から松平山に登るコースは上級コースとされております。
登る場合はしっかりと準備をして臨みましょう。

五頭山(ごずさん)

五頭連峰で最もメジャーな五頭山はその名の通り5つの峰を持つ山です。
一ノ峰から五ノ峰までの5つの峰と、五頭山の最高峰とされる本峰があります。

眺望が最も良いのは五ノ峰だと思います。
五ノ峰からは越後平野が一望できます。

五ノ峰

本峰がいわゆる山頂ですが、比較的眺望がいまいちということもあり五ノ峰や三ノ峰まで行って、本峰まで行かない人も多いようです。

五頭山は五頭連峰の中央あたりに位置しますので登山コースも豊富です。

菱ヶ岳(ひしがたけ)

菱ヶ岳は五頭山の南側に位置する五頭連峰で最も高い山です。
五頭山からの縦走路は約1時間半ほどです。

菱ヶ岳山頂

大蛇山(おおじゃやま)

大蛇山は菱ヶ岳のさらに南に位置する山です。

大蛇山山頂

宝珠山(ほうしゅさん)

宝珠山は五頭連峰の南の端に位置する山で標高は559.1mと他の五頭連峰の山に比べて低いが、山頂は眺望が良く眺めが良い。

宝珠山山頂

五頭連峰トレッキングマップ

では私が実際に歩いたデータをもとにトレッキングマップを作成してみました。

ご覧の通り五頭連峰にはたくさんの登山ルートがあります。
縦走や周回できるコースもありいろいろな楽しみ方ができます。

登山コース

それでは主要な登山コースを紹介してみたいと思います。

かんたんにまとめると難易度と時間はこんな感じです。

  難易度 時間(登り)
五頭山 三ノ峰コース ★★☆☆☆ 2時間10分(本峰まで)
旧スキー場コース ★★☆☆☆ 1時間45分(五ノ峰まで)
出湯コース ★★☆☆☆ 2時間30分(五ノ峰まで)
中ノ沢コース ★★★☆☆ 2時間45分(本峰まで)
菱ヶ岳 菱ヶ岳コース ★★☆☆☆ 2時間30分
中ノ沢コース ★★☆☆☆ 3時間00分
大蛇山 石戸コース ★★☆☆☆ 3時間00分
宝珠山 赤松山コース ★☆☆☆☆ 2時間00分
石間コース ★☆☆☆☆ 1時間20分

五頭山に登るコース

五頭山に登るには以下のコースがあります。

ではひとつずつ見ていきましょう。

三ノ峰コース

三ノ峰コースは五頭山の5つの峰の真ん中である三ノ峰に直登するコースです。
三ノ峰までなら比較的短い時間で登ることができます。

旧スキー場コースや菱ヶ岳コース登山口と近いので周回で登る人も多いです。

旧スキー場コース

かつて五頭高原スキー場があった場所とのことでこう呼ばれます。
駐車場も広く、三ノ峰コースや菱ヶ岳コースと周回もできるので人気のあるコースです。

出湯コース

出湯温泉から登るコースです。
特徴的な烏帽子岩や登山口近くの温泉やパン屋さんなどもあり魅力的なコースです。

中ノ沢コース

キャンプ場もある中ノ沢渓谷森林公園から登ります。
近くから菱ヶ岳に登るコースもあるので周回登山が可能です。

この五頭連峰を東側から登る中ノ沢のようなコースは裏五頭と呼ばれます。
五頭山の5つの峰のより手前に本峰があります。
このコースはアップダウンが激しくなかなか体力のいるコースです。

菱ヶ岳に登るコース

菱ヶ岳に直登するコースは

この2つがあります。

菱ヶ岳コース

五頭山の旧スキー場コースと三ノ峰コースの近くに登山口があり周回することも可能です。
駐車場も広く、菱ヶ岳に登るのはここからが多いです。

中ノ沢コース

いわゆる裏五頭から登る中ノ沢コースです。
五頭山にも中ノ沢コースがあるのでそのコースと周回もできます。

大蛇山に登るコース

大蛇山に単独で登るには石戸コースがあります。

石戸コース

石戸集落から野須張(のすばり)というピークを経由して大蛇山に登るコースです。

宝珠山に登るコース

宝珠山に登るコースは

この2つです。

赤松山コース

赤松山森林公園キャンプ場から赤松山という小さなピークを経由して宝珠山に登るコースです。

石間コース

林道の先にある登山口から登ります。
コース上には熊よけ用の鐘が多数設置してあります。

周辺の観光・グルメ・温泉

さくらんど温泉

さくらんど温泉 公式サイト

さくらんど温泉 公式サイトより

五泉市村松にある日帰り温泉施設。
食事も可能です。

Y&Y GARDEN(ワイワイガーデン)

Y&Y GARDEN(ワイワイガーデン)公式サイト

ヤスダヨーグルト 公式サイトより

ヤスダヨーグルトの工場隣りにあるヤスダヨーグルトのヨーグルト、アイス、スイーツなどが揃ったショップです。

ソフトクリーム&ジェラートショップ みるぱす

ソフトクリーム&ジェラートショップ みるぱす 公式サイト

ソフトクリーム&ジェラートショップ みるぱす 公式サイトより

神田酪農さんが運営するジェラートとソフトクリームのお店です。
酪農のプロが運営しているのでミルク系のものがおすすめです。

サントピアワールド

サントピアワールド 公式サイト

サントピアワールド 公式サイトより

新潟県を代表する老舗遊園地です。

まとめ

新潟県でも人気の山である五頭連峰の紹介でした。
角田山や弥彦山よりも少し標高が高く時間がかかるので、それらの山の次のステップとして登ってみてはいかがでしょうか。

コメント