【冬山登山】雪の武尊山(ほたかやま) 2158m |群馬県【登山コース徹底解説】|新潟の山らて

日本百名山の武尊山。
川場スキー場が営業している期間はリフトを利用して短時間で山頂までたどり着けますが冬山なのでそれなりの装備が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

冬の武尊山はこんな山

  • 往復4時間くらい
  • 冬山装備必須
  • 人が多いので雪山の中では登りやすい
  • 景色はすばらしい
  • スキー場のリフトを利用した登山
  • 登山口のスキー場にトイレあり
  • 山頂付近はトイレなし
  • ココヘリ必須(現地で有料レンタル可)
  • 駐車場広い(有料)

の基本情報

  • 所在 群馬県利根郡
  • 標高 2158m
  • 難易度 ★★★☆☆
  • 見晴し ★★★★★
  • 駐車場 あり(川場スキー場の有料駐車場)
  • トイレ あり(川場スキー場のトイレ)
  • 山小屋 今回のルート上はなし
  • 登山口住所  群馬県利根郡川場村谷地
  • 標準コースタイム 上り/下り 2時間30分/1時間30分

登山口地図

ヤマレコルート

山行記録

登山口駐車場

川場スキー場の駐車場に車を停めてスタートです。
駐車場は屋外500円、奥に見える立体駐車場は1500円とのことでした。
それほど距離に差があるわけではないので登山者は屋外がお得かなと思います。

この立体駐車場を抜けてまずはスキー場へ。

かなり大規模なスキー場でエレベーターも6台ありました。

スキー場に来るのは久しぶりでしたが、売店や飲食店など賑わっていてびっくり。

リフトチケット売り場

スキー場のリフトチケット売り場でチケットを購入します。

登山者はこちらで登山届を記入。
ココヘリに加入していないひとはここでレンタルします。

リフト往復2400円、ココヘリレンタル1100円、あとリフトに乗るときのIDカード500円(帰りに500円返却)がかかります。

リフトは16時前くらいには終了するので時間計画はしっかりとしましょう。

リフトの詳細はこちらのHPから。

リフト乗車

武尊山登山のためにはリフトに2回乗ります。
受付時にも説明がありますが、まずは牛乳石鹸と書かれたリフトに乗車。

めちゃくちゃ寒いので帽子やネックウォーマーなどの顔面を覆うものと厚手の手袋は必須です。

奥が2つめのリフト。フード付きで快適でした。

登山口

リフトを降りたら登山口に到着。
ここで登山者がたくさん準備していました。

ここからスタート。

尾根歩く素晴らしい雪山。

朝はこんな感じのトレース。
アイゼンだけでも行けました。

絶景!

富士山も見えました!

剣ヶ峰山まで最後の上り。

剣ヶ峰山

剣ヶ峰山に到着。

武尊山の山頂へ。
ここからも結構急登。

武尊山 山頂

武尊山山頂に到着。

周囲は絶景が広がる。

写真撮影日 2024.1

参考書籍

新潟の登山ではこれらの書籍が参考になります。

created by Rinker
新潟日報事業社
¥2,200 (2024/02/25 19:02:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,760 (2024/02/25 23:24:37時点 Amazon調べ-詳細)

登山グッズ紹介

ザック

私が使用しているミレーのサースフェーnx(ネクスト)というザック。
アウトドアブランドのミレーの最も定番な登山用ザックと言えます。
初心者が最初に買うザックとしてもおすすめ!

登山用靴下

この靴下は安いですが品質良好。私も長く愛用しています。

ヘッドライト

ヘッドランプは昼間の登山でも必需品です。持っていくようにしましょう。

軽量のチェア

やはり椅子があると便利です。

モバイルバッテリー

軽量のモバイルバッテリーは緊急時にも役立ちます。
私生活でも使用できるので便利です。

ボトルホルダー

私も愛用しているISUKAのボトルホルダー。肩につけられるのが最高!

コメント