苗場山(小赤沢コース)2145m【登山コース徹底解説】|新潟の山らて

スポンサーリンク
スポンサーリンク

苗場山(なえばさん)小赤沢コースはこんな山

  • 日本百名山
  • 新潟100名山
  • 山頂の湿原が絶景
  • 往復6時間くらい
  • 小赤沢コースは長野県側から登る苗場山最短コース
  • 難しいコースではないが滑りやすい岩が多いので慎重に
  • 山頂周辺は広く木道で休憩できるスペースもあり
  • 四合目に水場あり
  • 登山口駐車場にトイレあり(簡易トイレ)
  • 駐車場広い
  • 駐車場までの林道の道のりが長い

苗場山(なえばさん)小赤沢コースの基本情報

  • 所在 湯沢町、栄村(長野県)
  • 標高 2145m
  • 難易度 ★★☆☆☆
  • 見晴し ★★★★★
  • 駐車場 あり
  • トイレ あり(登山口駐車場、山頂小屋)
  • 山小屋 あり
  • 登山口住所  新潟県五泉市中川新
  • 標準コースタイム 登り/下り 210分/180分 (小赤沢三合目から苗場山頂標識まで)

登山口地図

ヤマレコルート

※この山は以下の「山と高原地図」に収録されています。

※地図を持たない登山は危険です。必ず携帯しましょう。

山行記録

小赤沢三合目駐車場

長い林道を車で走ると小赤沢(こあかさわ)三合目駐車場に到着。
駐車場はかなり広い。写真の奥にも更に駐車スペースがあり100台は余裕で停められるだろう。満車になることはまずなさそう。

駐車場のトイレ。結構きれいだったが蜂みたいなのがいた。

小赤沢三合目登山口

駐車場の奥に登山口。
登山届もここで提出できる。

三合目

数分歩くと三合目の標識。

五合目くらいまでは緩やかな道が続く。

四合目

四合目に到着。少し広くなっていて日当たりが良い。

四合目の水場

四合目から横道を歩くことわずか10秒で水場。
8月はしっかりと水が流れてました。

途中で木道も歩き五合目へ。

五合目

五合目に到着。
ここから先は少し登りになるので頑張りましょう。

六合目が近づくと眺望が良くなってくる。

鎖場もあり。

六合目

六合目に到着。
ここからもいくつかの鎖場がある。

こんな感じの鎖場。

危険な感じはしないがとにかく濡れた岩が滑りやすいので慎重に。

七合目

七合目に到着。

七合目から先も鎖場。

八合目

八合目に到着。
大変なのはここまで。ここから先はすぐに絶景が待っている。

湿原の絶景へ

だんだんと高原感がでてきた。

絶景の湿原までもう少し。

絶景の湿原に到着

湿原にでた。ここからは絶景の山歩きとなる。

とても気持ちがいい。
自然保護のため木道から外れないように。

休憩できるためのスペースもいくつかある。
木道もきれいで最近取り替えたのかな。ありがたいです。

苗場神社

途中で道をそれて3分ほど歩くと苗場神社がある。

苗場山自然体験交流センター(苗場山頂ヒュッテ)

湿原を40分ほど歩くと苗場山自然体験交流センター(苗場山頂ヒュッテ)がある。
休憩できるテーブルもあって便利。

なんと自動販売機も。
お高めだがここで飲むビールやコーラは十分にその価値がある。

小屋の入り口。いろいろグッズも売ってる。

中はこんな感じ。とてもきれい。

トイレもある。受付で100円払って利用できるようだ。
めちゃくちゃキレイ。
ちなみに外の簡易トイレも100円で使用できる。

苗場山頂

ヒュッテから1分ほどで山頂に到着。山頂自体はあまり眺望は良くない。

写真撮影日 2022.8.9

感想

さすが日本百名山の苗場山だけあって山頂周辺は絶景でした。
3時間ほどで湿原に出られるのでそれほど健脚でなくても絶景が楽しめます!

周辺の観光・グルメ・温泉

清津峡

清津峡 公式サイト

清津峡 公式サイトより

日本最大渓谷のひとつとされる清津峡です。
トンネルの中にあるインスタ映えするスポットが有名です。

ぽんしゅ館 越後湯沢驛店

ぽんしゅ館 公式サイト

ぽんしゅ館 公式サイトより

越後湯沢駅にある日本酒をテーマにしたお店です。
500円で5種の日本酒を試飲できるのが魅力です。

道の駅 南魚沼

公式サイト http://www.michinoeki-minamiuonuma.jp/

道の駅南魚沼公式サイトより

南魚沼の道の駅です。
南魚沼産コシヒカリを食べられるレストランもあります。
子供が遊ぶ遊具も充実。

魚沼釜蔵総本店

公式サイト http://www.sep-i.co.jp/uonuma/

魚沼釜蔵総本店公式サイトより

夜は居酒屋、ランチは定食屋のように営業しています。
どんぶりメニューが豊富です。
やはり南魚沼まで来たらお米を食べたいですね。

心と体の保養の宿 龍氣

公式サイト http://ryuuki.com/

心と体の保養の宿龍氣公式サイトより

天然温泉と薬石風呂がある入浴施設です。宿泊もできるようです。

参考書籍

今回の登山においてはこの書籍を参考にしました。

登山便利グッズ

スノーピークの保温性の高いダブルウォールマグです。

この靴下は安いですが品質良好。私も長く愛用しています。

ヘッドランプは昼間の登山でも必需品です。持っていくようにしましょう。

やはり椅子があると便利です。

軽量のモバイルバッテリーは緊急時にも役立ちます。

愛用しているISUKAのボトルホルダー。肩につけられるのが最高!

コメント

タイトルとURLをコピーしました