新潟県を中心とした登山情報をお届けします

新潟の山らて

蒜場山登山|新潟の山らて

更新日:

蒜場山|HIRUBAYAMA

かつては鉄鉱石採掘が行われトロッコやレールなどの残骸が登山道でも見れらるユニークな山。

標高は1363.0mとそれほど高くはないが急登が多くアップダウンのある尾根を進まなければならないため山頂が遠く感じる。

また、後半は鎖場やヤセ尾根となり少し怖い。本には登り3時間ほどと書いてあったが天候や気温によってはかなり体力を削られるので登り4時間はみておいたほうがいいでしょう。

蒜場山の詳細

  • 所在 新発田市、阿賀町
  • 標高 1363.0m
  • 難易度 ★★★★★
  • 見晴し ★★★★☆
  • 駐車場 あり
  • トイレ あり(駐車場から徒歩2分、車で1分)山小屋:なし
  • 水場 2ヶ所あり。どちらも登山道から遠いらしい。
  • 登山口住所 新発田市滝谷
  • コースタイム 登り/240分(4時間) 下り/180分(3時間)

加治川ダム登山口 -60分→ 独標 -40分→ 岩岳 -45分→ 烏帽子岩 -80分→ 山伏峰 -15分→ 山頂

蒜場山
蒜場山バード

登山口地図

山行記録

DSC05060_R.jpg
DSC05059_R.jpg

加治川ダムの駐車場ここに車を停める。「お手洗」の標識の先は車で進むとすぐにトイレがある。歩いても2分ほど。ちなみに焼峰山もここに車を停めてすぐに登山口があるのでここから登れる。

DSC05063_R.jpg
DSC05062_R.jpg

駐車場のすぐそばに「蒜場山登山口」と書かれた看板があるのでそれにしたがってダムの上を渡る。

DSC05064_R.jpg
DSC05067_R.jpg

ダムの上から見える景色。公園もある。

DSC05147_R.jpg

ダムを渡って左奥に進むと登山口がある。矢印の方向に登っていける。矢印の反対側にも道があるがそっちは違うので間違って進まないようにしよう。

DSC05071_R.jpg

初めから急登が続く。

DSC05079_R.jpg
DSC05082_R.jpg

登山口から10分ほど進むとトロッコの残骸がある。

DSC05086_R.jpg

途中である細い道。それほど歩きづらくもなく危険ではない。

DSC05091_R.jpg

右手に見える俎倉山。

DSC05093_R.jpg

独標という目印に到着。ここまで約1時間。行き止まりのようになっているが右側に道がある。

DSC05100_R.jpg

独標から約40分で岩岳に到着。少し広いスペースがある。休憩にちょうどいい。

DSC05105_R.jpg

岩岳から少し歩くとブナ林に水場と書かれた標識がある。矢印の方向へ赤い紐の目印を頼りに進んでみたが5分ほど歩いても水場が見えてこなかったので引き返した。少し距離があるようだ。

DSC05146_R.jpg

これは熊の爪痕?

DSC05111_R.jpg

目の前に見えてくる手前の盛り上がったところが烏帽子岩。

DSC05118_R.jpg
DSC05119_R.jpg

烏帽子岩前の鎖場。ほぼ垂直。右側が切り立った崖で怖い。

DSC05120_R.jpg

鎖場を登りきると烏帽子岩に到着。ここも眺めがいい。

DSC05121_R.jpg

山頂は中央ではなく中央から少し左が山頂。

DSC05124_R.jpg
DSC05125_R.jpg

兎戻しや通行注意と書かれた難所を進む。もうすでに結構体力の限界が近い。

DSC05127_R.jpg
DSC05128_R.jpg
DSC05129_R.jpg
DSC05133_R.jpg

尾根に咲く花々。左上がイワウチワ。右上はカタクリ。左下はオオカメノキ。右下は頂上手前のキジムシロ。時期は6月中旬

DSC05131_R.jpg
DSC05134_R.jpg

山伏峰を過ぎるとようやく頂上が見えてきた。山伏峰近くに水場と書かれた看板があるが、水場は看板から10分ほどかかるのだそう。水場への道もあまり整備されていない。

DSC05135_R.jpg

頂上に到着。

DSC05138_R.jpg
DSC05139_R.jpg

頂上から見える飯豊連峰。

写真撮影日 2013.6.12


登山口近くのオススメ温泉

あやめの湯

新発田市内にある温泉。内湯のみ洗い場も仕切りなしと小さいですが400円と割安。ぬるっとしたお湯が特徴。

城山温泉

ゴルフ場の隣にある温泉。露天風呂やテレビありのサウナなど設備充実。

-登山ルート紹介

Copyright© 新潟の山らて , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.