稲包山(いなつつみやま)1597.9m【登山コース徹底解説】|新潟の山らて

新潟県と群馬県の県境にある稲包山の紹介です。
稲包山の山頂は群馬県です。
今回は群馬県側の登山口から登ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

稲包山はこんな山

  • 往復6〜7時間くらい
  • 中級者以上向け
  • 山頂からの景色はすばらしい
  • 山頂狭め
  • 登山口駐車場にトイレあり
  • 駐車場広め

稲包山の基本情報

  • 所在 群馬県利根郡みなかみ町
  • 標高 1597.9m
  • 難易度 ★★★☆☆
  • 見晴し ★★★☆☆
  • 駐車場 あり
  • トイレ あり(登山口駐車場)
  • 山小屋 なし
  • 登山口住所  群馬県利根郡みなかみ町
  • 標準コースタイム 上り/下り 3時間30分/3時間00分

登山口地図

ヤマレコルート

山行記録

登山口駐車場

三国街道のトンネルで群馬県に入ってすぐ駐車場があります。
結構広めの駐車場です。

駐車場の看板。

駐車場内のトイレ。
既存のトイレは閉鎖されていましたが簡易トイレが設置されています。
かなりきれいな簡易トイレでした。

登山口へ

道路を歩いて登山口に向かいます。
新潟県の方向のトンネルに向かいます。

途中にあるもう一つの登山口。
ここからも稲包山に登れますが、今回行く登山口より少し遠回りです。

トンネルが2本あります。
現在は工事中でした。
新しい方のトンネルに向かいます。

新しい方のトンネルに入ってすぐ右側に通路があります。

ここを通って登山口へ。

古い方のトンネルの前を通ります。

案内看板。

閉鎖されたトンネル。

登山口

そしてここが登山口。

緩やかな登り。

登山道は広くて歩きやすいです。

分岐

分岐は三国峠の方へ。

三国峠

三国峠に到着。三国山を登ってときにも通った場所です。「
神社と奥には三国山があります。

神社とは逆側の方に稲包山へ向かう登山道があります。

登山道は明瞭だけど今までよりはちょっと細い登山道。

途中にある鉄塔。

赤城山が見えます。

赤城山のアップ。

まずは手前の長倉山へ。
この辺からはアップダウンがあります。

後ろを振り返ると平標山と仙ノ倉山が見えてきます。

長倉山

長倉山に到着。

看板はありますがあまり広くはありません。

小さい看板もあった。

中央に見えるのが稲包山。アップダウンがあります。

キワノ平ノ頭

アップダウンを繰り返してキワノ平ノ頭に到着。

稲包山に向かいます。
途中で分岐がありましたが右側の登る方へ行ったら合ってました。

標高が上がるにつれて谷川連峰が見えてきます。
左が万太郎山、中央付近が谷川岳です。

稲包山

稲包山に到着。

360°眺望が広がっています。

写真撮影日 2024.6

参考書籍

新潟の登山ではこれらの書籍が参考になります。

created by Rinker
新潟日報事業社
¥2,200 (2024/07/14 08:38:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,760 (2024/07/14 15:06:40時点 Amazon調べ-詳細)

周辺の観光・グルメ・温泉

清津峡

清津峡 公式サイト

清津峡 公式サイトより

日本最大渓谷のひとつとされる清津峡です。
トンネルの中にあるインスタ映えするスポットが有名です。

ぽんしゅ館 越後湯沢驛店

ぽんしゅ館 公式サイト

ぽんしゅ館 公式サイトより

越後湯沢駅にある日本酒をテーマにしたお店です。
500円で5種の日本酒を試飲できるのが魅力です。

道の駅 南魚沼

公式サイト http://www.michinoeki-minamiuonuma.jp/

道の駅南魚沼公式サイトより

南魚沼の道の駅です。
南魚沼産コシヒカリを食べられるレストランもあります。
子供が遊ぶ遊具も充実。

魚沼釜蔵総本店

公式サイト http://www.sep-i.co.jp/uonuma/

魚沼釜蔵総本店公式サイトより

夜は居酒屋、ランチは定食屋のように営業しています。
どんぶりメニューが豊富です。
やはり南魚沼まで来たらお米を食べたいですね。

心と体の保養の宿 龍氣

公式サイト http://ryuuki.com/

心と体の保養の宿龍氣公式サイトより

天然温泉と薬石風呂がある入浴施設です。宿泊もできるようです。

登山グッズ紹介

ザック

私が使用しているミレーのサースフェーnx(ネクスト)というザック。
アウトドアブランドのミレーの最も定番な登山用ザックと言えます。
初心者が最初に買うザックとしてもおすすめ!

登山用靴下

この靴下は安いですが品質良好。私も長く愛用しています。

ヘッドライト

ヘッドランプは昼間の登山でも必需品です。持っていくようにしましょう。

軽量のチェア

やはり椅子があると便利です。

モバイルバッテリー

軽量のモバイルバッテリーは緊急時にも役立ちます。
私生活でも使用できるので便利です。

ボトルホルダー

私も愛用しているISUKAのボトルホルダー。肩につけられるのが最高!

コメント