【冬山登山】雪の五頭山(ごずさん) 912m 【登山コース徹底解説】|新潟の山らて

今回は冬の五頭山の紹介です。
五頭山は新潟県内でも特に冬の登山者が多い山です。
今回は三ノ峰コースから飯豊連峰の絶景が見られる五頭山の本峰までピストンします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

冬の五頭山はこんな山

  • 往復5時間くらい
  • 中級者以上向け
  • 雪山装備必須
  • 飯豊連峰の絶景
  • 冬でも登山者が多い人気の山
  • トイレなし
  • 駐車場広め

冬の五頭山の基本情報

  • 所在 新潟県阿賀野市/阿賀町
  • 標高 912m
  • 難易度 ★★★☆☆
  • 見晴し ★★★☆☆
  • 駐車場 あり
  • トイレ なし
  • 山小屋 なし
  • 登山口住所  新潟県阿賀野市大室
  • 標準コースタイム 上り/下り 3時間00分/2時間00分

登山口地図

ヤマレコルート

山行記録

登山口駐車場

今回は三ノ峰コースから登りますが、冬は道路が雪が埋まって菱ヶ岳駐車場までしか車で行けないのでここに車を停めてスタートです。

道路を歩いて登山口であるどんぐりの森キャンプ場を目指します。

三ノ峰コース登山口

三ノ峰コースの登山口からスタートです。
どんぐりの森キャンプ場にあるトイレは冬期は閉鎖されて使えないようです。

この日は四合目まで来るとほとんど足元が雪になりました。
この年は雪がこれでも少ないですね。

五頭のトトロ

冬でもトトロは健在。

五ノ峰の友情の鐘が見えますね。
夏なら見えないはずです。

三ノ峰

三ノ峰近くの鐘。埋まっていますね。

三ノ峰の避難小屋

三ノ峰の避難小屋は使用可能です。

二ノ峰

二ノ峰に到着。
お地蔵さんが埋まっています。

一ノ峰

そして一ノ峰。ここから五頭山本峰へ向かいます。

奥が本峰ですかね。

動物のトレース。

五頭山 本峰

五頭山の本峰に到着です。

飯豊連峰の絶景。

帰りもトレースがきれいです。

写真撮影日 2024.1

参考書籍

新潟の登山ではこれらの書籍が参考になります。

created by Rinker
新潟日報事業社
¥2,200 (2024/05/29 05:05:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,760 (2024/05/29 12:39:42時点 Amazon調べ-詳細)

周辺の観光・グルメ・温泉

さくらんど温泉

さくらんど温泉 公式サイト

さくらんど温泉 公式サイトより

五泉市村松にある日帰り温泉施設。
食事も可能です。

Y&Y GARDEN(ワイワイガーデン)

Y&Y GARDEN(ワイワイガーデン)公式サイト

ヤスダヨーグルト 公式サイトより

ヤスダヨーグルトの工場隣りにあるヤスダヨーグルトのヨーグルト、アイス、スイーツなどが揃ったショップです。

ソフトクリーム&ジェラートショップ みるぱす

ソフトクリーム&ジェラートショップ みるぱす 公式サイト

ソフトクリーム&ジェラートショップ みるぱす 公式サイトより

神田酪農さんが運営するジェラートとソフトクリームのお店です。
酪農のプロが運営しているのでミルク系のものがおすすめです。

サントピアワールド

サントピアワールド 公式サイト

サントピアワールド 公式サイトより

新潟県を代表する老舗遊園地です。

登山グッズ紹介

ザック

私が使用しているミレーのサースフェーnx(ネクスト)というザック。
アウトドアブランドのミレーの最も定番な登山用ザックと言えます。
初心者が最初に買うザックとしてもおすすめ!

登山用靴下

この靴下は安いですが品質良好。私も長く愛用しています。

ヘッドライト

ヘッドランプは昼間の登山でも必需品です。持っていくようにしましょう。

軽量のチェア

やはり椅子があると便利です。

モバイルバッテリー

軽量のモバイルバッテリーは緊急時にも役立ちます。
私生活でも使用できるので便利です。

ボトルホルダー

私も愛用しているISUKAのボトルホルダー。肩につけられるのが最高!

コメント